2010年03月11日

貧乏に降りる

図書館から、「貧乏道を往く」という本を借りてきた。
この本は、月収7万円で「豊かに」暮らす川上氏の、貧乏に降りるという話だ。高卒で写真家を目指すフリーアルバイターの川上氏、なかなか味のある文を書いている。

信条は、「自分を邪魔しない」生活であり、現代の日本人の多くが、シンプルライフから、遠く離れ、ロハスという言葉さえ流行に消費されるために流通する現状の中、生活保護以下の収入で、豊かに生活する心の話は、同じく、シンプルライフを目指す私と共通するものがあり、共感できた。


“貧乏道”を往く

“貧乏道”を往く

  • 作者: 川上 卓也
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 2008/11
  • メディア: 単行本



posted by い〜ぐる at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック