2008年10月31日

モテたい脳、モテない脳

認知脳科学者の澤口氏と阿川佐和子氏の対談形式による、脳と遺伝と男と女のお話。

モテたい脳、モテない脳 (新潮文庫)

世界中で通用する、いい女の体の法則 黄金比率 0.7 だそうである。
(これは、ヒップに対するウェストの比率で、バスとはモテとは関係ないらしい)

一夫一婦制のテナガザルと一夫一婦制への過渡期の人のお話とか、酒と恋愛の関係などなど、ちょっとニヤッとする豊富な話題で、あっという間に読めてしまう。
(今日の通勤の電車の中でほとんど読みきってしまった)

脳科学的に・遺伝子的に、男はこうなんだよ、仕方ないんだよなぁ・・
と、思えることが多い(かも? 笑)
posted by い〜ぐる at 15:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
い〜ぐるさん!
えっ、通勤の間に読んだ本? ・・・時間から言っても往きだけでですかぁ? はやっ!

さて、黄金比率0.7!
黄金比と言えば、1:1.618 ってやつですね?
えーっと、ウエスト:ヒップ=1:1.618=x:1
だから・・・x=0.618(当たり前の計算でしたかっ)じゃ厳しいから約0.7ってことですか?先生〜!

確か、馬のプロポーションもこれって?
あれっ、国旗もこれ?
ミロのビーナスは違った?
・・・忘れました(^^;
でも、あ〜ら、私のウエスト、ヒップとぴったりじゃありませんか!(と言っておきます)

遺伝子と言えば、竹内久美子の本も面白いですよね!
もともとは、「利己的な遺伝子」でしたっけ?


でもでも、い〜ぐるさん!
今は、源氏物語の時代じゃないのですから、変なこと考えてちゃダメですよ!!!
 ↑
一番言いたいのはこれです!
(本日の主張)
Posted by ゆい at 2008年10月31日 19:13
ゆいさん、こんにちは。

東京の職場には電車だけで7〜80分かかるんですよ。この日は、職場の前に渋谷に寄ったので、さらに遠回りだったし、文庫本くらいなら読み切る位の時間があります。不思議と仕事の本を読むと1ページも読まないうちに眠くなってしまします(^^;)

でも、こんなペースで本を買っていくと、始末に困るので、本当は図書館で借りたいところです。(町の図書館、営業時間が僕の時間帯と合わないのですが・・ 笑)

女性の黄金比は、黄金分割の話じゃないのです。これは、世界中の種族の調査をした結果、女性の理想のプロポーションということで出た数値らしいです(^^)。
本当かどうか、私は知りませんデス。

でも、ぴったりなら、きっと、世界中どこに行ってもモテル女性ですよ♪

竹内さんの本も好きでよく読みましたよ。利己的な遺伝子はドーキンスの本ですが、これも、面白かったですね。澤口氏の本もドーキンスの話がかなりベースとなっている気がします。


本日の主張、拝承。変なことではなく、いいことを考えますデス(あれ?)。
Posted by い〜ぐる at 2008年11月01日 15:11
女性の黄金比はフィールドワークの結果だったのですね!
誰が測って歩いたんだろう・・・???
などと、また変な方向へ巡っています(^^;
Posted by ゆい at 2008年11月01日 18:46
この手のおかしな調査は、たいていアメリカ人が好きですよ(笑)

きっと、世界中の女性をストーカーして回ったのでしょう(爆)
Posted by い〜ぐる at 2008年11月02日 08:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック