2009年07月30日

あつかましいお願いですが、サインをいただけますか?

えっ?と、一瞬、何のことかと思った。

今回の研修とは、ぜんぜん関係ない内容なのだけれど、彼は、買ったばかりの私の本と、サインペンを持ってきて、その本にサインしてくれという。

恐ろしいほどの達筆の私は、サインが苦手である。トラベラーズチェックのサインだって、いつも、カウンターサインと違うようにしか読めない字に不安に思いながら出すくらいだ。

うむむ、と思いながらも、彼の名札を確認し、○○さんへ、・・・と、サインをした。

じつは、自分の本にサインを求められたのは、未だかつて、片手で数えるほどしかない(^^;)。

普通の人は、「こいつにサインさせたら、本が汚れる」と思うのだろう(爆)。

もう少し、普通の人たちが読んで楽しい本を書けるといいのだけれど・・ここは、やはり、猫耳めがねっ子か?


さて、今日は、出掛けに、郵便局で、タイへの旅行のため、トラベラーズチェックを作った。郵便局で作ったのは初めて。いつもの通信販売では、スケジュール的に間に合わなかった。

問題は、タイにいくらお金を持っていくかだ。

先日の済州島では、1万5千円を両替したら、ほとんど余ってしまった例もあるし・・一日、1000円相当と考えると、1万5千円でもいいような気がするが、外国人向けのレストランは値段が張ることを考えると、一日、2000円程度は見ておいた方がよいかも?

とりあえず、3万円程度あれば、2週間は十分生きていけるかな?
などと考えながら、チェックを買った。
posted by い〜ぐる at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

タイへのお土産を買う

タイから人が来るときには、いろいろとお土産を持ってきてくれるので、今度、自分が行くときにも、何かしら持って行かないといけない。日本らしいもので、喜ばれるものといっても、なんだかピンとこないので、こういうのは難しい。

結局、買ってきたのは、こんなものども。
R0010748.JPG

ヤマダ電機で買ったラジコンヘリ以外はダイソーで調達(^^;)。
この中で、特筆すべきは、写経用紙だろう。タイは仏教国である。きっと、喜ばれるに違いない(って、この漢字が読める人間がいるとは思えないが 笑)

写経用紙は、般若心経である。「色即是空空即是色」というあれである。

これを買ってきて、ふと、以前、買った「ブッダは何を教えたのか」の本を何度目かになるが、読み直す。



この本は、読むたびに「あ〜そうだよな」と発見がある。(読むたびに忘れているという見方もあるが、中道の道には、忘れることも必要なのだよ ワトソン君)

仏典において、苦という言葉の、サンスクリットの原語には「苦しい」という意味はないのだという。これは、思うがままにならないことという意味だというのだ。

この世は空であるというブッダの悟りを、般若心経では、観音菩薩が「五蘊皆空なりと照見して、一切の苦厄を度した」と教えている。

いっさいの苦厄を度すために、思うがままにしたいという心の方を変えるべきだという意味なんだ。もちろん、これが完全にできるくらいなら、悟りを開いていると言える訳で、常人が簡単に到達できる境地ではないし、少なくとも、ブッダは、当初、その内容を人に教えることすら難しいと感じていた。

数ある仏教教典の中でも、一夜賢者の話は分かりやすいと思う。
一番大事なのは、「ただ今日まさに作すべきことを熱心になせ たれか明日死のあることを知らんや」であると教えているのだ。

過ぎ去れるを追うことなかれ
いまだ来たらざるを念うことなかれ
過去、そはすでに捨てられたり
未来、そはいまだ到らざるなり
されば、ただ現在するところのものを
そのところにおいてよく観察すべし
揺ぐことなく、動ずることなく
そを見きわめ、そを実践すべし
ただ今日まさに作すべきことを熱心になせ
たれか明日死のあることを知らんや
まことに、かの死の大軍と
逢わずいうは、あることなし
よくかくのごとく見きわめたるものは
心をこめ、昼夜おこたることなく実践せん
かくのごときを、一夜賢者といい
また、心しずまれる者とはいうなり
(増谷文雄訳『阿含経典第五巻』)
posted by い〜ぐる at 20:41| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

初泳ぎ

というか、何年ぶりだろう、泳ぐのは。

今日は、バヨの練習をした後で、体が汗っぽく、気持ち悪いなと思って、ふと、外を見ると、午前中の雨はすっかり上がり、晴れ間すら見えている。

そうだ、プールに行ってみようと、思い立ち、プールの営業時間を調べると、町営の温水プールは夜10時まで営業しているようだ。すごいね。

早速、準備をと、家の中を探すが、海水パンツはあっても、帽子が見つからない。小さなものだから、「広い」我が家で探すのは困難と、途中ダイソーで買うことにする。

ダイソー、少し前に大きく配置換えをしたのだが、全く何がどこにあるのか分からない。
プールの関係グッズはまとまっておらず、店内のいろいろなところに分散されていて、衣料とか、タオルやサンダルやバッグその他のあるコーナーを何周か回ったが、水泳帽はない。
店の反対側に釣りやゴルフのコーナーがあるので、もしや、ここか?と見に行ったら正解。。。

プールに到着したら、料金が値上げしていて、400円だそうだ。(前に来たときは半分くらいだった気がする。。)

休憩から休憩までの50分、休み休み泳いだが、おそらく1000mは越えているだろう。
50分の終わり頃には、さすがにもうこれ以上はいいやと思うほどになっていて、休憩時間となった時にあがった。

一応、4種目を試した(背泳ぎは、人にぶつかると危ないので、一回だけ)が、思ったより、泳げるではないか。

ただ、バタフライだけは、息継ぎしようとすると、腕が水面からあがらないので、苦し紛れの泳ぎになってしまったが、一応、50m程度は泳げそうだ。(25mを何回か試しただけなので、連続で泳げるかは不明 笑)

バイクで行くと、帰りに濡れた髪にヘルメットをかぶることになるのが、いまいちなのだけど、プールは車で行くと駐車場に入れない場合もあるので、バイクがいい。(夜7時なんて時間ならそれほど、いっぱいではないようだったが、玄関前の駐車スペースには停めるところはもうなさそうだった。

ドライヤーを持って行くと帰りも快適かも?(持ってないけど 笑)
posted by い〜ぐる at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

傷は消毒するな?

職場の本屋で、↓の本を立ち読みした。



要点をいうと、ようするに、皮膚には共生する細菌が多く生息していて、これらの細菌が人の体を守っているので、消毒によって細菌を殺すよりも、湿潤状態で共生菌を活躍させた方が素直に治るというらしい。

話はこれにとどまらず、共生菌を洗い流すような行為もできるだけ避けた方がいいらしい。

つまり、風呂では、

石けんやシャンプーを使わず、お湯だけで体を洗う

というのが、共生菌を大切にする行為だと言うことらしい。

人の体から出る老廃物で水に溶けないものはないので、お湯で洗うことで、十分きれいになるということだ。

でも、共生菌が、老廃物を食べて生成したものも、水に溶けるのだろうか?と、ちと、疑問に思ったが、

石けんもシャンプーも買わなくていい

というのは、魅力かも?(←そこか?)
posted by い〜ぐる at 06:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

タイの情勢?

今日、タイによく出入りしているI氏に、タイの治安が悪化しているという話を聞いた。
どうやら、日本企業は駐在員を数十人規模で一時帰国させているらしく、そうとうヤバいらしい。

特に、外国人を狙った犯罪が増えているということで、どこに宿泊する予定かとか、タクシーは危険だから使えないとかいう話をされた。

どこに泊まるのか、自分でも知らないし、予定がどうなっているのかも把握していないので、全くどうなるか検討もつかないが、二週間、無事に過ごす方策を考える必要があるかな?

といっても、何も手だてはないんですが(爆)
posted by い〜ぐる at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

数珠おばさん

東京に出る日は、雨が降らなければ、なるべく自転車で駅まで行くようにしている。
少し前のことだが、帰り道、川辺の街灯のほとんどない暗い道で、何かぼーっと白く見えるので、新しく看板でも立てたのかなと思っていた。近づくと、それは、上から下まで白い服を着た髪の長い女性だ。頭には、バンダナか何かをつけ、手には数珠を持って一心不乱に振っているのだが、近づくとこちらを確かに見ているらしい。

数日後、やはり自転車でその近くの場所を通ると、何やら家を取り壊している?

はっ、もしや、取り壊された家の方ですか?

と、多少、気味が悪いと思っていたが、今日の帰り道、やっぱり数珠おばさんに出会った。
今日は、先日と違い、もう少し灰色の服装だったので、近くに行くまで気がつかなかったが、先日と違い、数珠を両手に持って両手を広げて数珠を振っている。

こんな暗がりの川辺で数珠をふるって、どんな宗教ですか?
posted by い〜ぐる at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

犬のために家を建てる?

犬と暮らす38歳独身男が犬のために田舎に引っ越し家を建てようと言う記事






フリーランスのライターで、住宅ローンを抱えて、現実はかなり大変になることが予想されるけれど、こういう選択も悪くないかも?彼の将来に幸あれ。

この話、たまたま、図書館で借りた本の一冊とダブル(笑)



い〜ぐるも、田舎で一人暮らしだが、2DKの狭い団地暮らし。犬もいなければ猫もいない。この団地には、大家族で暮らす人もいるので、一人なら広々使えるはずが、なぜに、こんなに狭い?

ふしぎだ。。。
posted by い〜ぐる at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月03日

イタリア人って奴らは。。

フィナンシャルタイムズの日本語版のニュースに重役たちとセックスのわなという記事が出ている。

曰く:
イタリアの元副文科相がこのほど、「権力の座にある男たちには、セックスがたくさん必要なのだ」と発言した。「ベルルスコーニが性的に欲求不満だと、首相としての職務をきちんと果たせない」とまで。実に興味深い発言だと思った。

ということだ。さすがイタリア人である。人生について深い考察があるのだろう。

もっとも、フィナンシャルタイムズはイタリアの新聞ではない。ここで記者が考察しているのもアメリカの話だろう。詳細は元記事を読んでほしいが、人類(男性?)一般に成り立つ深遠なる心理なのかもしれない。人類も生物の歴史から外れた存在ではないのだから、遺伝子の指令に逆らって生物的な安定は得られないのだろう。

と、考察してみた。

もちろん、権力の座なんてほど遠い い〜ぐるにとって、この話は、どう逆立ちしても実践はできないのだ(笑)
posted by い〜ぐる at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする