2009年06月22日

タイからのプレゼント

3週間ほど研修に来ていたタイ人から、お礼のつもりなのだろう、荷物が届いた。中身は、
1)ポークジャーキー
2)スナック?(中身不明 未開封)
3)キャンディ

その中の1つキャンディは、こんなやつ。
数字以外読める文字がまったくない(笑)

R0010641.JPG

ところで、袋に印刷してある数字、EXPと書かれているので、賞味期限らしい。

R0010642.JPG

これは、どう読んだらいいのだろう?

09年07月20日かな?(−−;)
posted by い〜ぐる at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

雨の日の読書

もちろん、他にもやることは山ほどあるのだけれど、図書館から借りている本の期限が近かったのだ(^^;)。

今日の読書は、柳田邦男の「石に言葉を教える」である。



いろいろなエッセーの寄せ集めなのだけれど、彼は【人】について、よく考えていると思う。話が堅いので、手に取るのに気が重いのが難点か・・(笑)

いくつになっても創める生き方を、い〜ぐるも支持したい。
posted by い〜ぐる at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

空襲警報発令中

ここ数日、我が家に空襲警報発令中である。

おとといは、5機飛来し、4機撃退、1機は取り逃がした。
昨日は、取り逃がした1機と思われるやつを含め、4機撃退。

今日は、すでに3機撃退したが、まだ取り逃がした奴が近くを旋回している。

やつら、夜襲が多く、いきおい、こちらは生活リズムが乱れる。

敵は、小型アカイエカであるが、あまり小型でもないような。。

こう、一網打尽にできないものかねぇ〜
posted by い〜ぐる at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

リニア新幹線

品川ー名古屋が40分って。。。
品川ー二宮は60分かかるのですが。。二宮にもリニアの駅を♪(笑)

posted by い〜ぐる at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

イエスの王朝

宗教というよりは、イエスという人が本当は何をして、何を言ったのかを明らかにしようとする試みをしている本だ。この手の本が好きでよく読むのだけれど、この本は、本当に面白かった。新約の世界では、パウロによって神格化されたイエスは、その実像はほぼ抹殺され、本人はユダヤの律法に従うことを説いたにもかかわらず、イエス自身が神に祭り上げられた。しかも、弟で、後継者だったヤコブは、新約の世界で完全抹殺と言ってもよいほどの軽い扱いを受けているが、正教の世界で福音書に入らなかった文献や、福音書の各文書間の違いから、本来の姿を抽出していく様は、パズルを解くようで、スリル感たっぷりであった。

疑問に残ったのは、イエス自身に、自らが伝説の預言者であることを確信させた、奇跡の出来事はどのような仕組みで行われたのかである。

イエスの王朝 一族の秘められた歴史
(2006/05/20)
ジェイムズ・D・テイバー

商品詳細を見る
posted by い〜ぐる at 04:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

天災は忘れたころに・・

今日、郵便物の中に、日本学生支援機構なる手紙が入っていた。旧日本育英会である。すっかり忘れていたが、今月は奨学金の返済月であった。奨学金の返済月は6月か12月が選べたのだが、暮れで何かとお金が必要なときにごっそり金を持っていかれるのを嫌って、6月返済にしていたのだ。前の会社ではボーナスが6月だったというのも一つの理由だが、今の職場は、ボーナスは7月にならないと出ない(−−;)

大体において、日本以外の国では、奨学金といえば、給付であり、貸与なんてけち臭いことは言わない。教育や若年層の福祉に金を使わず、国が発展すると思っているのかね〜

ところで、いつもより、金額が大きいのですが・・と、ふと見ると、「最終回」と書かれている。最後は、残りをまとめて払うのか・・(でも最初に端数の分を払った記憶があるのだが・・)

とはいえ、文句を言っても始まらないのが、世の常である。

だが、今回、というか、去年、電車で財布を無くして以来、メインの銀行口座のキャッシュカードはとめたままで、再発行しておらず、家賃用のサブ口座のカードから細々と現金を支出している い〜ぐるにとって、奨学金の返済金額はあまりに大きい(^^;)。

オンラインで振込みなら現金がなくてもいいかと思って、来た書類や、日本学生支援機構のホームページをチェックしたが、振込み先口座は海外からの振込み用しか公開されていない。ううむ・・

海外に出張してしまったことにして、海外向け口座に振り込んでしまおうか・・

追記:日本学生支援機構に電話してみた。
振込みでの返済はできないの一点張りで、絶対認めないということだ。海外からの振込口座も使わないようにお願いしているとのことで、まったく、話が通じない。キャッシュカード停止中で支払えないといったら、12月末までに払ってくれればいいので、振込み用紙を使えという・・

あなた方、役に立たないよ!
posted by い〜ぐる at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『週刊 零戦をつくる』 2009年8月25日発売

プラモデルではない、金属を使った精巧なゼロ戦のモデルが週刊誌の付録としてつくという話だ。

この手の付録つき雑誌増えたね〜

『週刊 零戦をつくる』 2009年8月25日発売


この付録のモデルは、金属製 1/16 スケールということで、非常に大きい。翼幅75cmもあるらしい。

初回790円で、通常価格1580円という、週刊誌としてはちょっと高いが、買えない値段ではないところに設定の妙がある。

しかも、買い逃し防止に、定期購読まで用意されているという周到さだ。


う〜む・・

ところで、何号で完成かなと、記事を読むと、全100号だそうだ。
ということは・・約16万円ですか(--;)。

総額を考えると、思わず、躊躇してしまう、やんちゃ買いができない、い〜ぐるであった(爆)
posted by い〜ぐる at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

やんちゃ買い?

ボーナスまではまだまだ日があるが、マイコミジャーナルに「男のやんちゃ買い」なる記事が出ていた。




なんでも、やんちゃ買い、モノとしてのクオリティの高さに惚れ込んだら、値段が少し高くても購入することを「やんちゃ買い」と定義されるそうだ。

やんちゃ買いのアンケートによると、やんちゃ買いできる平均金額は30万8,175円。

すごいな、これ。みんなそんなに、やんちゃ買いしたいんだ・・

えっ?い〜ぐるは、しませんよ、先月のクレジットカードの支払い20万にも四苦八苦している貧乏人なんで・・(笑)
posted by い〜ぐる at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

ハワイ伝統の秘法「ホ・オポノポノ」?

ITMediaの記事に、聞きなれない「ホ・オポノポノ」なるものが出ていた。何でも、ハワイ伝統の秘法らしい。



記事にもあるが、要するに、執着する心をいさめる方法なのだ。
仏教では、執着を捨て、悟りを開くことは、独覚や仏陀になることであり、簡単に誰でもできることではない。もちろん、それに向かって努力することすら常人には難しい。

これを「ホ・オポノポノ」は、4つの言葉「ありがとう」「ごめんなさい」「許してください」「愛しています」を使って、心にわいた執着(それが良いものであろうと、悪いものであろうと)を消去するプロセスを実践するだけで、達するらしい。悟りを開くという言葉を使っているわけではないが、精神的に安定し、なにやら、健康にもよいらしい。不思議だ・・

もう少し実践的な話を知るには、本を読むしかないかと、図書館を検索してみたが、残念ながら見つからなかった。
posted by い〜ぐる at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

恐竜はなぜ鳥に進化したのか

図書館で借りて読んでいた本、ようやく読了である。




いつも、本はあっという間に読み終わる い〜ぐるにしては、期限ぎりぎりまで読み終わらず、2冊も借りておきながら、仕事がいくつも重なり、危うく、読了前返却かと思うほどの事態になったのは、はじめてかも?

この本、原題は、「Out of Thin Air」であり、日本のタイトルとまったく違う。当たり前だが、原題の方が内容を良くあらわしている。

おりしも、大恐竜展が上野で開かれているが、恐竜の骨をわざわざ見に行くほどのことはない。

でも、恐竜って、こんなに進んだ動物なのに、鳥になった連中しか残らなかったって本当なのかなぁ。じつは、本当は、どこかにまだ残っている?
posted by い〜ぐる at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする